キノコは乳癌喘息を防ぐことができる

イギリスの最新研究によると、毎日食用キノコで乳癌罹患率低下率2/3.ピウス西オーストラリア大学の専門家を研究した2000人余りの中国人女性.そのうち約半分は乳癌、殘は腫れていません.肥満、鍛錬や喫煙など,ガンの要素も考慮に入れて、専門家たちの食習慣を分析している.1/3オンス(9 g)の新鮮キノコの女性が腫れている確率で64 %、きのこの保護効果が小さく、半分確率が低下します.緑茶を再結合すれば、罹患率は90 %低下する.研究員は、大量に摂取するキノコを閉経前後の中国女性がん罹患率は低下.実験室の相関実験も発見,真菌類は腫れて腫れ,喘息、免疫システムの保護作用を刺激することができます.でも、一篇発表于《国際がん雑誌」の最新の発見は証明されていないキノコが待つので、待つほか多く実証を研究してこの結果.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です